タイプで考える選択肢

塾は神戸に多数あり、神戸っ子が自分の学力を磨くために大切な効果を持っているのが特徴です。ただし、その効果が発揮されるかどうかは、教室のタイプで考える選択肢が適切かどうか、それによって左右される部分があります。ですから、通うかどうか検討している塾が、どのような指導方法をとっているかを踏まえて比較検討するのは、とても大切です。
大きく分ければ、塾の指導方法は個別指導と集団指導にわかれます。この時、多くの場合検討するべきは、個別指導の教室になるといえる傾向にあります。

個別指導の塾を選択するべき理由として、集団指導の場合は受け口がじつは広くない、という難点があるといえる部分が挙げられます。神戸に数ある塾の中でも、集団指導を行っている塾に通う場合は、自学自習が得意で、勉強でわからないことがあれば率先して先生に聞きに行ける性格で、さらに、周りの成績に対して競争心を持つことができる上に、自分のペースを乱されない強さを持っていること、などの条件を満たしていないと、通学する成果を発揮できないケースが少なくありません。
ですが、個別指導の場合はそうではありません。個別指導の塾に通っている場合、例えば学校によって違う授業の進度を踏まえた指導ができます。また、生徒ひとりひとりの得手不得手を抑えた指導ができます。この段階で、画一的な合格カリキュラムを提供する集団授業の塾とは、方向性に大きな差が生まれます。さらに、勉強ができるようになるために塾に行くという点では、得手不得手を押さえるのは必須だという観点から見ても、個別指導の塾を利用するのはとても重要です。
個別指導の塾なら、自分に合わせたペースで指導を受けられるため、学校の違いや、部活動の有無、学力の差、そういった、神戸で暮らす中でどうしても差が生まれやすい部分に関係なく、神戸っ子が成長できる環境として有用です。