選び方

家庭教師の最大の魅力とは、自宅という慣れた環境で個別指導をしてもらうことができることにあります。その目的とは学力向上となっていますが、これからの将来としては、進学に向けた受験対策の学習を中心にすること、宿題などの課題を課すことによって学習する習慣を身に付けることを求められるサービスとなることが予想されています。自宅という環境でも、自習をすることができるスタイルを身に付けることができるサービスとして、これからの時代は個別指導に加えたサービスが展開されることが予想されており、塾などの学習サービスと差別化をすることが重要視されています。

塾に比べて家庭教師は、完全に一対一の個別指導形式なため、教師の影響力が非常に強いと言えます。それで、良い教師にめぐりあうかどうかが子供の将来に大きく関係します。多くの人は学歴を見て良い教師を探そうとしますが、たとえ高学歴であっても、教師としての経験が全くないなら、生徒も教師も手探りの状態で学習をはじめることになってしまいます。少なくとも我が子と同学年、同じ教科を担当した実績がある人や、一度でも、受験生を通年受け持った経験がある人を選ぶべきです。加えて、体験授業を受けて、契約前にその家庭教師と実際に会ってみることも欠かせません。子供との相性はもちろん、保護者との対話がしっかりとできるかを見極める必要があります。子供を扱うのは得意でも、大人とのコミュニケーション能力が欠けている教師もいるからです。そのような人を雇った場合、受験に向けて話し合うのは困難を極めます。また、責任感の有無も確認しておきたい事項の一つです。例えば、大学生のアルバイト教師の場合、子供のテストと教師自身のテスト時期が重なってしまった場合、どのように対応するつもりか尋ねてみることができます。